こんな時だからこそ。モンテディオサポーターよ今未来が問われるのでは?!

ほっかむりしての観戦の佐藤屋九代目

まったく勝てない試合が続き、気づけば連敗で
順位も下がる夏。毎月ZERO23に掲載させて
いただいている八代目の熱い想いもなんだか
ちょっとむなしく聞こえてしまいそうな夏です。

おりしも涙雨の降りしきる中で更新をしようとしている
ブログではございますが、久々のモンテディオネタ、
楽しみにしておられる方がいらっしゃるかはわかりませんが、
自分なりの最近思うところについて書いてみようかと。
試合内容、サポートぶり、クラブの状況などは、
最近は全く試合に参戦できない自分などよりも
現場の皆様が一番肌で感じておられることでしょうから、
余計な詮索などせずに、現地の皆様のご報告から
理解するしかないでしょう。

ここのところ、街中の方々がスタジアム誘致?に
熱をあげておられる感のある山形市。
どれ位の商店主の方が興味を持っておられ、なおかつ
現在サポートをされておられるのかは甚だ疑問であり、
現に賛助会員ですらない方々が盛り上がっているのは
いったいこれは何だろう、と思っていたりもする
苦しい中でも正会員の佐藤屋八代目です。

まあ辺に触れるとすごく微妙なのでしょうが、
自治体同士の喧嘩に発展したり、遺恨を残すのは
クラブにとっては全く歓迎できないことであり、普段から
本当に応援している人たちが、ちゃんとその見返りも
勝利なりなんなりで得られる様になってこその
プロスポーツなのかな~と思っております。

そして、その遺恨。
最近ブーイングのありや無しやで結構サポ間の
中にあったりなかったりみたいな事を耳にします。

実際、自分はブーイングを最終兵器と思っているので、
試合後にしたことはもう数える位しかありません。

これは、最前列で足が肉離れする位まで飛んで吠えて
いた時からそうですし、今や息子と一緒に上段に移っても
変わりません。
まあ、最前列にいた頃なんてのは、試合前からと試合中に、
完全に出し切るつもりでいたものですから、試合後半なんて
声も枯れてるし、足はつってるし、もうこれで敗戦なんて
しようものなら、がっくりうつむき肩落とす以上の事なんて
できなかったってのが正直なところではあるのですが。。。

そう、そうなんですよ。
試合後にってそんなに元気があるのだろうか?
と言うのが正直な感想なんです。

もしもご自身が、熱烈なサポーターであると自認して
いらっしゃる方がおられたら、問うてみてくださいご自身に。
「自分はサポートをやりきっているのか?」と・・・

本気でやって、限界までやって、それでも応えてくれない
不甲斐ない試合を見せられたら、その時に残った声量の
全てを使って、最大限のブーイングを浴びせましょう。

誰も止めない、あなたにはその権利がある!
こんな離れたところからほざいているおっさんに言われたく
ないでしょうが、誰も文句は言うまいと思います。

でももし、試合中には腕組みで見ているあなたが、
敗戦後に息を吹き返したよにブーイングをし、
罵声を浴びせているのだとしたら、それはサポーターを
自認するあなたにとっては恥ずべき行為であるはず。

共に戦う、と言っておきながら自らは余力を残し、
敗戦の傷心に塩をぬりこもうと言うのですから。

きっと、愛の鞭論をおっしゃる方もいるでしょう。
確かに腑抜けた輩にはそれは必要かもしれません。
そう判断されたらブーイングも必要です。

でも、今の山形で気持ちを切らしたプレーが目立つ
選手が、目に余る選手がそんなにいるのでしょうか?
勿論、先述の様に試合に行っていない自分が
言うのは間違っているかもしれませんが、ここは
あえてちょっとだけ。。。

勝ち負けだけを判断基準にして、のことであれば
それは止めた方が良いのでは?!
勿論昇格を目指す、と言っている以上勝つのは
当然求められることですので、嘆く気持ちもわかりますが、
そこは一歩、俺らは諦めないぞ、と言う気持ちから
出てくる行動が欲しいかな、と。

周りがゴルゥア~ッ!とか浴びせてるから、のっかって
吠えている中学生なんかもいらっしゃるそうです、そこは
先輩として、サポ予備軍を将来どう育てるのかを
考えての行動も、熱烈なサポーターを自認していらっしゃる
方々には必要かと思います。

また、敗戦後にスタンド上段から自然発生的な
コールが湧くこともあるそうな。。。

これはもう、サポーターの意識の違いですし、
やめろ、とか言うのは違うのかな、と思ってます。

コールリードをしたことがある方ならおわかりでしょうが、
あれって、最初の一声を出す緊張感、半端じゃないですよね。

それを、周辺部(あえて言わせてもらいます。爆心ではないって意味で)
のどちらかと言えばライトな層、とされる人たちの中から始めた
人がいるってだけで凄い勇気だと思うんですよ。

これは、ブーイングをしなければいけない、と本気のサポートの
後で判断した人と同じくらいに尊重されるべきだと思う。
自分に置き換えて、それができるのか?と問えば、リーダーや
コアの面子の流れに逆らう勇気とは物凄いものだし、その
チームにかける想いの凄さは同じサポとして認めざるを
得ないものではないかと思うのです。

ああ、なんだかいつも通りの長文になってきたので
ここらでまとめに入りたいと思います。

サポとファン、明らかな線引きってどこでしょうか?

興業そのものを楽しみに来ていて、ごひいきのチーム側に
座った。試合結果もやっぱり気になるし、勝ち負けで気分も
上り下がりする様になってきた。
このあたりを自分はファン、と思います。

クラブの行く末が気になる。自分ができる何かを
全てスタジアムで出し切りたい。その上で選手が
それに応えてくれるはずと無条件で信じている。
そう、信じる、と言う部分が出てきたらサポ、いやもう
一気にコアサポかもしれません。

今、栄光時代だったJ1の数年間を経て、再度の
昇格を目指し戦っているチーム。

本当の意味でのプロクラブとなるべく、その道を
模索しての取り組みをするクラブ。

これを支えるサポーターとはどうあるべきなのでしょうか?

スタジアムで、選手と同じくらいに目立つ存在。
スタジアムの空気を作る存在。
それ故に、自らを舞台装置とするが故に、クラブからは
最も安いお金でスタジアムに迎えられているのがサポ。

自分勝手な基準で、試合にも行けない男が、好き勝手に
書いてきた本日のブログですが、ほんのちょっとでも、
これからも「俺らの山形」に向けて、自分なりのあるべき
サポの姿、を考えてくれる方がいらっしゃったら、ほんの
ちょっとだけ昔に、自らの全てをささげてたと言っても良い
おっさんは嬉しいです。

長文にお付き合いありがとうございます!
これからも頑張って応援してまいりましょう~

にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

「こんな時だからこそ。モンテディオサポーターよ今未来が問われるのでは?!」への10件のフィードバック

  1. サポーターとは?僕には追っても追っても、頑張っても頑張っても届かない、そんな存在です。自分が頑張ったつもりでも、尊敬するサポーター様には追いつけない、だから自分をサポーターと呼ぶのを避ける傾向があります。
    サポーターとは?そこを目指してチームの為になる事を続けつつ、尊敬するサポーター様の背中を追いかける、そんな生活の中からその答えを探したいと思います。

    1. 櫻井さん
      それぞれの中に、それぞれのサポとは、がある。だからこそ、チームに対しての
      自分の振る舞いの基準と言うのができていくのだと思います。
      尊敬されているサポさんは凄い方なのでしょうが、一所懸命な櫻井さんの姿も、
      十分に尊敬に値すると僕は思います。

  2. 先日、『緑陰』と『滴り』をいただきました。とってもおいしかったです。
    今度はあんみつを食べてみたいです☆
    そして、『八代のひとりごと』毎回楽しく読ませていただいています。
    ゴール裏にいないとわからないことも確かにありますが
    コールリードをしていた八代目のような立場だからこそ・・・な、この記事に考えさせられました。
    サポーターとはどうあるべきか?
    今の山形サポーターは、みんな考えるべき課題だと思います。

    1. 私の生菓子をお褒めいただきありがとうございます!
      あんみつは美味しいですよ~おすすめです!夏にはこれです!

      いつも読んでくださってありがとうございます。
      J1時代を輝かしい時代と捉えると、やはり今は反動も
      あって不遇の時代に感じるかもしれませんし、長く
      不遇の時代を共に戦ってきたご褒美だった、と捉えると
      また挑戦して、今度は新しい姿で定着目指すくらいで
      行こう、と思えると信じています。

      それぞれが、一時の感情ではなく、行くべき道を考えながら
      サポートを続けられたら良いな、と夢想しています。

  3. 勝てなくて思い通りにいかず、人のせいにしてしまう感じが最近充満している。

    今は勝つチームの時代ですし、勝つチームにならないと人間関係も崩壊しかねます。

    サポーター同士の喧嘩に発展していますし、安定を求めるしかないと思います。

    1. 思い通りにいかず、人のせいにしてしまう。それって結構危ない感じが
      してしまいますね。勝つチームの時代、と言うのが山形にとってかは
      わかりませんが、やはり勝負のスポーツですので勝つにこしたことは
      ありませんね。

      それでも、勝ち負けに関わらず、ぶれない・気持ちを切らさない姿を
      示してこそサポーターかな、と思ったりするんですよね。
      それぞれの中にあるサポーター像が、皆前を向いていって、
      勝ちだけに影響されない安定が得られたらうれしいですね。

  4. 物凄く共感する内容です。
    今のゴール裏の雰囲気はもうチームを後押しする雰囲気では正直無いと思っています。
    モンテ愛はそれぞれ違うのかもしれませんが、方向性を間違って違うエネルギーに変えてしまったらもうそれは応援では無くなってしまいます。
    まだまだ試合は残っているのにこのざまは何だろうって・・・
    事後報告となりましたが、私のプログに来てくれる人達にも読んでもらいたく紹介させていただきました。
    とにかく選手達は頑張ってもらいみんながまた笑顔で応援できるゴール裏に戻りたいです。

    1. いつもありがとうございます。
      皆、勝たせたい気持ちは一緒だと思うし、選手も勝ちたい気持ちが無い
      訳がないと思うんですよね。ただ、若くて表現が稚拙だったり、熱くなって
      いつもの自分ではないような事をしてしまったり。

      そんな時こそ、経験のある人たちが、軌道修正とか、息抜きとかを
      上手くして、皆の進む方向を一緒の方に導いてあげる。
      これはどんな組織でもそうですし、山形のサポーターもやってきたこと。

      これから、に向かうためには互いに拒絶せず、何ができるのかを
      話す機会も必要かもしれません。でも、一番はやっぱり自分は、
      真ん中の熱が沸騰してくれて、それが周辺に感染していくことだと
      思うのです。だからこそ現場で力を残すのは許されない。
      爆心のやりきった姿を見たいと切に願います。

  5. 自分はメインスタンドにいるものですが、読ませていただいて、ゴール裏のコールリードしている方の魂というか精神が分かりました。八代目さんがコールリードしていらしたとは存じ上げませんでしたが、その方の言われることには一言一句どこを読まさせていただいても説得力があり、認識を新たにしました。コメントの中にあった「真ん中の熱が沸騰してくれて、それが周辺に感染していくこと」というコールリードの精神がスタジアム全体を盛り上げ、また我々を魅了させるのですね。

    1. 共感をいただきありがとうございます。
      コールリードをしたことがあるのは、もう10年も前になりそうな、
      しかも西日本在住時の遠隔地ばかり。ご存知でなくて当然ですね?!

      西日本に住んでいた頃の応援への姿勢は、年に数少ない参戦機会を、
      勝敗の結果だけで無駄にすることの無いように、いつもチームへの
      愛情を如何に伝えるか、と頑張った記憶があります。

      愛情の表現方法はそれぞれ。
      それを尊重しながら、後押しができたら良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です