乃し梅本舗佐藤屋 公式ホームページ
佐藤屋の和菓子  佐藤屋の洋菓子  季節商品 イベント等のご案内 
    佐藤屋の歴史      佐藤屋店舗      佐藤屋お問い合わせ      佐藤屋トップ 

 information
      〜イベント等のご案内〜
 

今年も開催!芸工大と佐藤屋のコラボ展
「ニッポン茶茶茶」展のご案内です〜!


会期:2014年1月30日(木)〜2月3日(月)
時間:10:00〜18:00(最終日3日は12:00まで)
会場:ギャラリー絵遊・蔵ダイマス

  東北芸術工科大学の陶芸専攻の3年生10名と、
「乃し梅本舗佐藤屋」とコラボレーションし、菓子と器の展覧会を
「ギャラリー絵遊・蔵ダイマス」(山形市)で開催致します。

  工芸コースの学生が、演習「陶芸応用演習2」で約2ヵ月間をかけて、
 ろくろや楽焼などの技法で制作した約40点の菓子器を披露するほか、
 2月1日、2日には、学生が制作した器と、器に合わせたオリジナルの
 和菓子でお茶会を開催。(無料/無くなり次第終了)

 会期:2014年1月30日(木)〜2月3日(月)
 時間:10:00〜18:00(最終日3日は12:00まで)
 会場:ギャラリー絵遊・蔵ダイマス
 住所:山形市諏訪町1-4-10
 TEL:023-622-6708
 料金:入場無料(菓子代無料)
 HP:http://kaiyuu-daimasu.info/

 ◎お茶会日時
 開催日;2014年2月1日(土)、2日(日)
 時間:両日とも10:00〜
会場:ギャラリー絵遊・蔵ダイマス
参加:無料(無くなり次第終了)

◎お問合せ 東北芸術工科大学広報室
TEL:023-627-2246(平日9:00〜17:30)


 
今年も大盛況御礼!「花笠まつり」の佐藤屋本町店!



  8月4日のサマーフェスティバルを皮切りに5・6・7日の三日間盛大に実施されました
 第50回山形花笠まつり。期間中、佐藤屋本町店におきまして、連日お出しいたしました
 特製の「かき氷」や「わらび餅」は、売り切れる時間帯も多い大好評をいただきました!

  期間中おいでいただきました本当にたくさんのお客様には心より御礼申し上げます〜!
 一部においては定番商品化もご要望をいただきました「かき氷」ですが、何しろ本物の
 果物とお砂糖だけで作るシロップですので、大変に手間がかかってしまいまして、
 現在は定番化は未定です。来年の夏をお楽しみにご期待くださいませ。

   HPには載らない情報も、最近はこちらFacebookページに掲載しております。どうぞご覧下さいませ。
                                            (2012.8.10)

 
 今年も「花笠まつり」は佐藤屋本町店で〜!



  今年もやります、佐藤屋本町店での特設出店! 8月4日のサマーフェスティバルから5・6.7のお祭期間!

  毎年好評の作りたて、期間限定のもっちもちの「わらび餅」に加えて、
 今年は「和菓子屋のかき氷」も例年は前夜祭限定だったものを期間ず〜っと!

  何しろ本物の果物やお茶から作る自家製シロップのかき氷は、和菓子職人であり
 親である八代目のこだわりの一品。自分の子どもの頃はさておき、やはり子どもを持つ身、
 安心な本物を食べさせてやりたい、と気合を入れて臨みます!

  是非皆様、花笠まつりにおいでの際には、佐藤屋本町店にお立ち寄りを〜

   HPには載らない情報も、最近はこちらFacebookページに掲載しております。どうぞご覧下さいませ。
                                            (2012.7.16)












特設出店@はたらく車大集合、ありがとうございました〜!

   5月5日、山形市中心街で行われた「はたらく車大集合」。
  イベント範囲内にございます佐藤屋本町店では、恒例の特設出店を
  設けまして、皆様にお菓子をお届けいたしました。

   当日は、肌寒い天気の中でのスタートとなりましたが、本当にたくさんの
  お客様においでをいただき、なんとお昼には晴れ、特製シロップのカキ氷も
  一時間足らずで完売!心より御礼申し上げます〜

   次回の特設出店は「花笠まつり」期間にて。乞うご期待です!

   当日の写真や、日頃の菓子について、HPには載らない情報も、最近は
  こちらFacebookページに掲載しております。どうぞご覧を〜


                                                   (2012.5.8)


 全国銘菓展@日本橋三越で八代目が実演をいたしました

  4月4日より開催されました全国銘菓展の「職人ステージ」に
 おきまして、佐藤屋八代目、佐藤慎太郎が「兜餅」の実演をさせていただきました。
 
  当日は、これまで長くご愛顧をいただいておりますお客様に加え、普段はTwitterやFacebookで
 応援をいただいております皆様や、八代目の同級生など、ご縁をいただいたたくさんのお客様に
 おいでいただき、三越様でも驚かれる盛況ぶりでございました。この場を借りまして心より
 御礼を申し上げます。
  
  何しろ田舎の和菓子屋、しかも乃し梅の専門店と思われることの殆どな佐藤屋でございます。
 上生菓子にてこれだけの評価をいただけましたことを誇りとして、今後とも精進してまいります。



  兜餅は、佐藤屋各店にてご予約限定にて承っております。初節句の
 内祝いや、宴席に是非ご用命下さいませ。なお、この菓子は生菓子につき、
 発送は承れませんのでご了承の程をお願い致します。 






 
佐藤屋北店の展示が変わりました


 今回の展示は、三月ひな祭を意識して、「花重ね」と名づけた菓子をご用意いたしました。
 十二単に代表される、日本古来よりの色の組合せで表現する季節や雰囲気。
 その中から、春を意識した色の組み合わせにて、着物の様子を作りました。


                              (2012.2.22)



 
 モンテディオ山形 応援募金のご報告


  シーズンを通して行って参りましたモンテディオ山形応援募金にて
 皆様よりお預かりしたお金を 12月15日、県スポーツ振興21世紀協会へ贈呈いたしました
  佐藤屋5店舗での募金と、佐藤屋からの募金を集めた金額は100,000円になりました。
 多くの皆様にご協力いただきましたことをこの場にて感謝申し上げます


  来シーズンはJ2にて活動することが決まったモンテディオ山形
 乃し梅本舗佐藤屋は今後ともモンテディオ山形を熱く応援していく所存です
 新たに募金等の活動内容が決まり次第改めてご報告いたしますので
 今後ともご協力のほど よろしくお願い申し上げます
 (2011.12.27)









   


   
佐藤屋北店の展示が変わりました

     お正月限定の羊羹「冨久梅」を、紅梅白梅のタペストリーと
    一緒に飾った今回の佐藤屋北店の展示。

    色々あった一年でございましたが、一足早く新年の幸多き年と
   なりますことを心から願いながら作る菓子を飾ってみました。
    皆様の新年が、花咲き誇る明るい年となります様に。
                               (2011.12.26)
    







 
 
東北芸工大、美術科陶芸の学生さんと佐藤屋八代目のコラボ展を開催します。



会名 『かしことば』
会期 12月3日〜5日(4日のみ呈茶) 
時間 10:00〜17:00
場所 ギャラリー絵遊 山形市諏訪町1丁目4-10

 茶の主菓子・干菓子をよく作らせていただけるようになったものの、せっかくの面白い
 文化が、若い方には殆ど伝わっていないことに危機感を持ち、また山形の街にアートを
 楽しむ機会を増やせたらと願う八代目の、アート展第一弾でございます。

  今回は東北芸工大の陶芸の3年生とコラボと言うことで、授業の中で菓子と茶について
 お話し、「佐藤屋の菓子から着想する器」と、「学生の作った器から着想する菓子」の
 2つの方法で、6人の学生がそれぞれ二点の器を提供してくれます。
  さて、どんな器が集まり、そしてどんな菓子で八代目がそれに合わせるのか?
 きっと面白い企画になると思います。和菓子の持つ新しい可能性と、茶の楽しみを
 見つけにお気軽にお越し下さいませ。

 また、4日限定ではございますが、実際に学生の作った器に佐藤屋の菓子を盛り、
 お抹茶と一緒に供します。茶道の心得など不要の無手勝流となっておりますので、
 こちらもお気軽にお越し下さい。(先着にて行いますので、菓子なくなり次第終了)

                                                (2011.11.20)





佐藤屋本店の展示が変わりました

 
 少しでも、和菓子の持つ面白さを知っていただこうと、菓子の展示を行っております佐藤屋各店。
 今回ご紹介いたしますのは、佐藤屋本店、秋の展示菓子です。

  秋の散歩道で、何とは無い秋の木々の色づきなどを見ながら感じる美しさ。
 この菓子も、あえて何かを表しているわけではありません。
  だからこそ、道すがらそれぞれの感じた秋の雰囲気を投影して想像し、楽しんでもらえたらと
 思うのです。それが菓子職人としての喜び。

  ゆっくりと散歩をするゆとりも無くしそうなご時世だからこそ、通りすがりに見た
 ショーウインドで季節を感じてもらえたら、と思っての佐藤屋各店の展示菓子。
  工芸菓子は作れない八代目ですが、好きな生菓子の魅力を少しでも感じていただけたら幸いです。
  (2011.11.6) 
 
             


 




   
 
佐藤屋本町店の展示が変わりました


 今回の菓子は、徐々に色づき行く紅葉の様を、色違いの煉りきりで表しました。
佐藤屋本町店の前はオフィス街ということもあり、日中もたくさんの方が歩かれますし、車通りも多いところ。忙しい日常の中に、
なんとなく季節を感じられるほっこりした時間を持っていただきたくて、毎度菓子の展示をしております。お近くを歩かれた際にでも
ちょっと覗いて見ていただけたら幸いです。(2011.11.2)








  

 













佐藤屋北店の展示が変わりました
 今回の展示菓子のテーマは「ハロウィン」。和菓子屋にも日本人にもまだまだ馴染みのあるイベントではございませんが、
愛嬌のあるあの顔はやっぱりモノを作る人間の心に何か訴えるものがございまして、山形の老舗の跡取りという立場は無視して、
色々なところの実演で作り、特にお子様からの絶大な人気を誇ってございます。
 期間限定ではございますが、折りしも佐藤屋秋の感謝祭の期間中でございますので、北店にお立ち寄りの際は是非ご覧下さいませ。







   佐藤屋北店の展示が変わりました

  最近めっきり変更ができず、お客様からもご指摘をいただいておりました、
 佐藤屋各店の展示菓子。八代目が忙しくなると滞りがちになる弱みを持ちながらも、
 お菓子を楽しんでいただく新しい手段の一つと、火はとださぬ様頑張ります。

  さて、この度の展示のテーマは月でございます。
 十五夜を過ぎたらあっという間にお月見気分が飛んでしまうのが暦に縛られた
 生活の悲しいところでございますが、秋の夜の冴え冴えとした月の美しさは、
 むしろ今の方が本番かと思います。

  こちらの菓子は、その月をそのまま表すのでなく、水面に映った姿を表して、
 秋の夜の庭の情景などに思いを馳せてございます。
  蓮の浮かぶ池に月の映る様、など日本的な美意識のつもりでございますが、果たして?
 皆様にご覧頂きご批評いただけましたら幸いです。 (2011.10.6)







  



 

  佐藤屋本町店の特設店舗「花笠まつり」期間の限定です
 今年も祭をもっと熱くしよう、と佐藤屋の和菓子職人と販売の面子が疲労度外視で集合し、
 前夜祭の花笠サマーフェスティバルから始まった山形花笠まつりの期間、特設店舗を佐藤屋本町店前にお出ししました。

 早くも知名度抜群?となったこの期間だけ限定の「わらび餅」には、場所取りにおいでの方々もお求めいただき、5時の開始から
 あっという間に売り切れる嬉しい悲鳴を上げながらの連日となりました。
 何より、職人にとっては自分たちの菓子を目の前で「美味しい」と言って召し上がっていただける機会はまずありませんので、
 この機にお客様の声に触れさせていただき、勉強させていただけたことを財産としてこれからに活かしていこうと思っております。

 本当にたくさんのご来店、誠にありがとうございました!


                                                 (2011.8.8)


 
 佐藤屋北店の展示「雨に歌えば」です

  一応が梅雨の山形、と言うことでお羊羹の中に紫陽花の花と、お散歩の長靴など
 浮かべまして、楽しかった子供の頃の雨の日を思い起こしませんか、という展示にしています。

 何だかうっとうしい季節ではありますが、子供の頃は長靴を履いて、近所の堰や水溜りなど、バシャバシャと
 遊んで回ったものでございます。 近頃の子供さんはどうなのかわかりませんが、やっぱり何でも好奇心で
 いっぱいの笑顔で走り回るのが相応しい気がいたします。

  先日までの菓子まつりでも、たくさんのお子様においでいただき良い笑顔を見せていただきました。
 また、佐藤屋のコマーシャルの歌を「佐藤屋でど〜ぞ〜」と披露してくださったり、久しぶりにCM見て
 何となく来てみようか、と思ったとおっしゃられた若夫婦さんなど、これまで佐藤屋を育てて下さったお客様と
 新しく、八代目の菓子をご覧においでいただいたお客様があわさって、大盛況になったと思い感謝しております。

  これからも、展示や新作、このHPなど、皆様をお菓子の力で楽しい気分にできるような頑張りを
 してまいる気持ちです、お近くの方は是非ご覧に足を運んで下さいませ。 (2011.7.1)







 
 
 
 
 
 過去のinformation
 このページにて 過去にご案内いたしました情報のバックナンバーです
 各タイトルをクリックすると下のウインドにて内容がご覧いただけます


    2009〜2010のご案内 (2009)
   佐藤屋北店の菓子展示のご案内  (2009.9.15)
   佐藤屋北店の菓子展示のご案内  (2009.9.4)
   佐藤屋北店の展示のご案内  (2009.8.12)
   佐藤屋商品が雑誌に掲載されました(3) (2009.7.31)
   佐藤屋商品が雑誌に掲載されました (2009.7.9)
   佐藤屋北店の展示菓子のご案内  (2009.7.7)
   佐藤屋の商品が雑誌に掲載されました(2009.7.2)
 
 

 
  Copyright(c)2009.SATO MATSUBEI SYOUTEN. all rights reserved.