「舞子スイーツ」試食会へのご参加ありがとうございました 

当日は、たくさんのご参加をいただき、開始より25分で用意した試食スイーツ200人分が
終了いたしました。お召し上がりいただけなかった方も商品化にご期待くださいませ。
佐藤屋直営店舗でも少量ではございますが今回の「舞子さん」の柄のお煎餅、ご用意して
おりますので、是非にと思われる方はお問合せ下さいませ。
 
 佐藤屋 北店の菓子展示が変わりました -月あかり-

 最近では 物騒だといってはどこもかしこも照明でてらしてしまうので
 なんとなく闇の持つ不思議な引力を感じる機会が減った気がいたします

 私など子供時分には 山形の中では街中といわれる方で育ちましたから
 友達の家がちょっと遠かったりなどして 日暮れが早くなった頃の帰り道など
 おっかなびっくりながらも虫の声や月明かり 星の瞬きなどを
 楽しみつつ歩いたのを覚えています

 闇を描くことで光をイメージさせるのは 日本人の得意な表現法だったようでして
 茶席などでは光をできるだけ入れずに 一筋だけ光が入るようにして
 明るさを想像させたりすることもございます

 今回はお月見の頃の川原の風景です
 昼の芋煮の頃とはまた違う情景を見に 散歩にでも行かれるとお分かりいただけるかと
 
 

 佐藤屋 北店の菓子展示『手毬花』です


佐藤屋 北店の菓子の展示が変わりました。
今回は、梅雨の季節にちなんで「手毬花」なる菓子を展示しております。

このお菓子、見た目の通り?のアジサイの花を模したお菓子ですが、かなりの手間がいるお菓子です。
一枚一枚型抜きした煉りきりを貼り付けて作っていくのですが、下地の緑が見えないと、ただの紫色の
玉になってしまいますし、かといって隙間だらけでは格好悪い。

お菓子屋さんがそれぞれに自分なりの感性を最も出しやすい上生菓子は、その店のスタイルも
表します。和菓子屋さんを見るときにそんな視点で見てみるのも面白いものですよ。
(2010.6.16)
 



佐藤屋 春の菓子祭 2/24〜2・28開催です

  佐藤屋の春の恒例となりました「春の菓子祭」、本年も開催いたします!
 期間中は、この4日間だけの限定のお菓子や春の限定品、特価品を揃え、
 毎日売り切れ御免で開催をいたします。

  写真の新作「抹茶ふうわり」は佐藤屋の新しい人気商品「ますらお」にも使う、
 京都宇治の抹茶を自社で粉にし、蒸カステラの生地に練りこんだものに
 ちょっと塩味を効かせた餡を挟んで、お茶の香りの良く薫る和菓子です。

  勿論人気の直火焼チーズケーキも日替り品で登場しますし、春の旬味の
 苺をたっぷり使ったロールケーキや、濃厚なカカオの風味のブラウニーなどの
 洋菓子の新作も現在試作中で完成間近。

 また、乃し梅や梅しぐれなどの銘菓類もお出しいたしますので是非
ご期待下さい。詳しくはこのHPで近々ご案内いたしますし、24日の
新聞折込チラシでもご覧いただけますのでどうぞお楽しみにお待ちください


 
 
 




  佐藤屋本町店の展示をいたしました

  これまでも、クリスマスやお正月など、実は季節ごとの
 飾り付けをお楽しみいただいておりました佐藤屋本町店

  この度も佐藤屋に伝わる年代物のお雛様と共に、ちょっと変わった
 お菓子の雛人形を飾りつけいたしております。
  七日町本町方面にお出かけの際に、ご覧いただけましたら幸いです。
                       (2011.2.2)









 やましん かわら版へのご投稿ありがとうございます 

2010年12月号のやましん かわら版内の
うまいもの板へますらおをご紹介下さった
山形市のU様、ありがとうございます。
大変光栄にて職人一同大変喜んでおります
お客様に喜んでいただける商品を作り続けるべく
努力していきますので 今後とも是非応援よろしく
お願いします 
(2010.12)





佐藤屋 北店の菓子展示が変わりました


最近では変わるごとに皆様のご注目をいただけるようになった北店の展示菓子。
作る側も毎回趣向を凝らして頑張っております。特注にて承りますので、是非興味を
もたれた方、販売員までお問い合わせ下さいませ。

そんな北店の展示ですが、今回は佐藤屋の跡継ぎが誕生して初節句ということで
豪華に兜をういろうで、鯉のぼりを練きりにて作成いたしました。

端午の節句の限定品として注文を承っております。
特に兜のういろうは日持ち一日のお菓子ですが、その美味しさは販売員自らが
注文するほどの折り紙つき。この機会に是非どうぞ。

(2010.4.25)


 
 
 ZERO★23に佐藤屋商品が紹介されました 

 月刊山形ゼロ・ニィ・サン(ZERO★23)3月号に佐藤屋の乃し梅が紹介されました。
 「大学生が選ぶ やまがたスイーツ」のページに
 乃し梅やほくほくへのコメントや職人についての記事が載っています
 どうぞご覧下さいませ。

 また、記事のとおり 季節の上生菓子や 季節の絵柄煎餅はオーダーメイドを随時承っております
 お誕生日祝いや内祝、結婚式の引出物
などにご高評いただいております品々
 ご希望の方はどうぞフリーダイアルまでお問い合わせ下さいませ


            

 乃し梅
 
 

 日本橋三越にて全国銘菓展へ出店します 

 来る4月7日〜12日まで三越本店にて開催される全国銘菓展に佐藤屋が出店いたします。

 今回は『和菓子を通じた伝統文化の継承』というテーマで開催され、
 三越さん所蔵の歌舞伎の衣装をイメージしたお菓子を何店かが出すのですが、
 名だたる全国の名店に混じって佐藤屋でも限定和菓子を出品いたします。

 
 上生は八代目が特に力を入れる分野ですから東京でどんな評価を得られるのか
 山形代表としてしっかりと励んで参りたいと思います
 お近くの方は是非お立ち寄りください。一日二十個の限定です。

  練きり製 
 「ハライソ」 1個 367円 
                      天竺徳兵衛異国噺という演目に登場する、ガマの背に乗った呪術を操る男、天竺徳兵衛のイメージです。

 また 佐藤屋では上のようにお菓子の特別注文も受け付けています。
記念日やお祝いなどに世界にたった一つだけのお菓子を作らせていただきます。
ご予算にもお応えいたしますので 是非ともオーダーメイドの楽しさを
お試しに佐藤屋 本店までおいで下さいませ。

 
佐藤屋北店の菓子展示が変わりました

 追儺と言うと難しく聞こえますが、
 宮中の年越しの厄払いの儀式です。
 旧暦では節分頃が正月にあたることから、
 節分に追儺式を行う神社があり、
 その後に民間へ広がったのが今の「豆まき」の
 もとであるとも言われています。

 今回はその風習をテーマにして可愛らしい鬼のお菓子です。
 この時期豆で追い払われてばかりの鬼のことを思い、
 梅の花で飾ってあげてみました。    (10.1.18)

 


佐藤屋商品が雑誌「女性自身」に掲載されました

  11月24日発売の「女性自身」に当店の乃し梅と果樹王国が
  掲載されています。

   美味しい「サトウ」vs「スズキ」盛名判断 コーナー内で
  "お取り寄せできる全国「佐藤」「鈴木」の名店として
   紹介されました。どうぞご覧くださいませ。
  また、掲載中の商品はフリーダイアルにて全国発送を
  承ります。どうぞご利用くださいませ (09.11.30)



 乃し梅
 果樹王国(さくらんぼ)