催事出店のおしらせ「若き匠たちの挑戦」@新宿高島屋

ワカタクの名物コンビ、佐藤屋八代目と田中屋せんべい総本家
毎回お世話になる岐阜は大垣の田中屋せんべい総本家の兄さんと。派手な頭巾コンビ!

9/16日~9/22日 新宿高島屋地下1階にて開催されます「和菓子老舗 若き匠たちの挑戦」展に
八代目も参加いたします!

毎回、伝統の銘菓で培った技に、若い感性を加えて作る菓子を
提案し、イートインでのかき氷や甘味生菓子の実演、季節ごとの菓子もまた実演で製造と、
活気あふれる現場に、大いに刺激をいただき、勉強をさせてもらっています!

今回もイートインでは乃し梅かき氷、富山の引網さんとのコラボ、乃し梅シナカル氷は
勿論のこと、横浜でご高評をいただきました「りぶれのグラニテ」も登場!
さらに18日の夜6時半からは、「慎太郎’s BAR」として、お酒と和菓子の組合せで
イートインを運営。バーテンは八代目がいたします!

山形 佐藤屋の日本酒を使った生菓子「菊慈童」また今回の、新しい取り組みといたしましては、八代目が大好きな「器と菓子」の組合せでの
展示を、新宿高島屋さん2階のギャラリー的スペースにて開催!
ここではなんと、各人がそれぞれ、トークショーも実施予定です。

八代目は、やはりと申しますか「器と菓子」「お酒と菓子」についてのトークとなります予定。
本当は、山形で最初にやりたかった和菓子BARですが、勢いにのって新宿での開催と
なりましたことを、山形のいつも応援してくださいます皆様にはお詫びいたします。

また、佐藤屋の新銘菓の呼び声高い?乃し梅と和の生チョコの組合せが衝撃的な
「たまゆら」も販売再開をここに合わせていたしますので、夏の間、今か今かと
お問い合わせをいただいておりました皆様はぜひおいでくださいませ~

もっともっと、ご案内いたしたいことはあるのですが、何しろ旅立ちは明日。
持っていく菓子はまだ、とギリギリな状態でございますもので、この辺で。

若き匠9名の、それぞれの奮闘ぶりは、公式FBページにてご案内をいたしておりますし、
なんとあの、all aboutさんでも記事を掲載いただきましたので、よろしければ
ごらんをいただきまして、足をお運びくださいませ~!

乃し梅本舗 佐藤屋オリジナルTシャツ

また、期間中は会場に、一部コアなファンの方から絶賛の?佐藤屋オリジナルドット絵Tシャツも
持参いたしておりますので、もの好きにてお求めになりたい、という方はぜひ八代目に
お声をかけてくださいませ~!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

かき氷やります!@七日町ほっとなる広場PV「モンテディオ対川崎」

モンテディオサポーター先日の南十日町商店街まつり、そして本番とも言えます花笠まつりにおきましては、
本当にたくさんの「佐藤屋のかき氷」ファンの皆様においでをいただきまして、
大好評をいただきましたこと、心よりお礼申し上げます。
また、連日店舗には「次はいつかき氷をするのか?」とのお問い合わせをいただいて
ございますが、飲食店の設備を持ちません佐藤屋につき、確たるお返事が
できかねておりましたこと、お詫び申し上げます!

そんな訳で待望の?乃し梅かき氷情報です!

明日8/12(水)の夜19時キックオフのアウエー川崎で行われます
モンテディオ山形対川崎フロンターレの試合の模様を、大型スクリーンにて
放映いたしますパブリックビューイングが、七日町ほっとなる広場にて
開催されます。

モンテディオを熱烈応援する、と公言いたしております佐藤屋としては、
ここに出店せずしてどうするのか、という訳で、お盆の繁忙期では
ございますものの、かき氷オンリーでの出店をさせていただきます!

サポーターであり和菓子職人の佐藤屋「佐藤慎太郎」思えば、和菓子職人歴よりも、サポーター歴の方がまだ長い私。
スタジアムでの出店や、県外出店の折、そしていつもの佐藤屋の
店舗におきましては、サポとしての気持ちを見せる場面も多く
ございましたが、街中の実店舗以外での出店で、これほどまでに
「モンテディオ山形サポーター」としての姿で登場いたしますのは
初めてかもしれません。

当日は、大沼百貨店さんのビールなどの出店もございます。
タリーズさんもお店の前にて出店をされるそうで、しかもお隣は
屋台村でございます。

皆で飲みながら、試合展開に一喜一憂し、最後には当然ながら、
勝利をともに喜びあいたいと思っております!
お盆の帰省でもどっておられるサポーターの同志の皆様、
いつも応援くださるサポーターの同志たち。
和菓子職人としての自分を、佐藤屋を応援してくださる皆様、
もう単にそこを通りがかったら面白そうだったから、の皆様。

是非一緒に、地元にプロクラブのある幸せを体感しましょう!

同志たちには一つお願いがあります。

是非、ぜひとも当日は、おいでいただけるならば青い正装にて!
モンテディオがどれだけのものかをはかりかねる街の人々に、
我らがクラブへの気持ちをお見せし、スタジアムに足を運んで
もらえるきっかけにしましょう!

現時点では、山形市民応援デーの鳥栖戦のチケットも、少々
苦戦気味とのことです。仙台戦は当然意識してしまうのはわかりますが、
まずはホーム、それぞれの試合を盛り上げていきましょう!

ちなみに当日、青い正装にておいでをいただきました皆様には、
佐藤屋より心ばかりのプレゼントをいたします。
かき氷が混んでても、お求めをいただきました際には
お申し出くださいませ~!

そして何より現地に行かれるサポーターは、一戦必勝の気合を
是非ともよろしくです!
現地に向けて念を送りますが、現場で声を届けられるのは、
現地に行った人間だけなのです。よろしくお願いします!

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

佐藤屋「乃し梅カキ氷」本拠地初登場!@南十日町商店街まつり

山形「乃し梅本舗 佐藤屋」本店の建物佐藤屋の「乃し梅氷」が本拠地初登場です!

佐藤屋のイベント限定品の中でも、今や最も人気のあるものとなりましたのが「カキ氷」。
銘菓「乃し梅」をそのままシロップにした乃し梅はじめ、イチゴ、愛媛レモン、宇治金時の
ラインナップは全て、佐藤屋の和菓子職人が、果実やお茶と砂糖だけで作る、濃い~本物の
味と、八代目が関東での「若き匠たちの挑戦」で習得してきた氷の削りもあいまって、
大変な御高評をいただいております!

にっぽん氷の図鑑先日刊行された「にっぽん氷の図鑑」には、東北からは三店の掲載が
ございましたが、何と山形から二店舗!そこに加えていただき、大きく
取り上げていただけましたのも、スタートからこれまで、たくさんの応援や
ご指導をいただきました皆様のおかげです!

夢は、地元に愛され、自慢してもらい、遠方から足を運んでいただける和菓子屋。
歩みはのろく、蛇行しがちな八代目ですが、精進してまいります!

さて、カキ氷本拠地初登場の話をしよう!

2015南十日町商店街まつりのご案内さあ、ちゃんと本拠地初登場の佐藤屋カキ氷の話もしますよ~!
上の画像にてご案内をしております「南十日町商店街まつり」で登場です!

今回で3回目を迎える、江戸期からの古~い商店街な割には、ここ最近すっかり
静かになってきたな~と危機感を覚えてからの新しいお祭りです(笑)

八代目が育った頃はまだ、もう少しお店もあったのですが、随分と静かになり、
空き店舗や駐車場が目立つようになってきたこの界隈。

しかしながら、商いをやめてもそこには、依然住んでおります面白住民と、数奇な
ご縁で新たに、ここで商売をしようって考えた若手がおりまして、その中からなんとなく、ゆる~く始まったのがこの祭り。

一年目は、降ってきたよな補助金もあり、看板やらでっかいイベントやらがございましたが、
二年目からは手弁当。予算なんてほとんど無い中から、住民代表が話し合い、それぞれの
持ちネタを使っての集客で、ずいぶんと沢山のお客様に楽しんでいただける機会となりました!

実を言えば八代目。からませていただくのは今回が初。
何せ中心に七代目(実父)がおりますので、なんとなく恥ずかしいのか心配なのか、
ちょっと蚊帳の外にいた次第でございます。

乃し梅本舗 佐藤屋のカキ氷しかしながら、変わった者ぞろいの十日町の若手からの、ありがたい強いお誘いにより
今年は一念発起!秋に開催していたものが、夏になったこともあり、「カキ氷」の
実施を決意いたしました!

実は、佐藤屋のカキ氷は、イベント限定とはいえ、イベント自体が七日町・本町エリアでの
開催が多く、本町店での実施がほとんど。そして、年一回程度のモンテディオ山形の試合会場での
販売と、関東での数回の「ワカタク」でのご提供が全てでございまして、本拠地十日町では
まったくお出しした事がなかったのです。

よって、今回は本拠地初登場、としてかなりの気合を入れております!
とは言え、当商店街としては相当の人出を誇るイベントなれど、花笠まつり
などと比較すれば、グッと人の少ないイベントでございます。

ここのところ、カキ氷をお出ししていて本当に心苦しい、行列の様な事態は
起きないのではないかな~と思っておりますので、ゆったりとお召し上がりに
なりたい方、是非ともこのねらい目を外さずにおいでを!

とにかく暑いここのところの山形。毎日の様に店で「カキ氷は?」とのお問い合わせを
いただきましての心苦しさを、出店機会の増加で晴らそうといたしております~

だけじゃない南十日町!ビアガーデンも豪華だ!

さて、自分とこのカキ氷に熱くなりすぎましたきらいがございます本日。
ところがどっこい、南十日町商店街まつりは、ぶっちゃけ他のお店の存在感が
ものすごいことになってきているんです!
きっと、主催の商店街のお歴々は、事の重大さに気づいてないんじゃないかって
くらいのメンバー表を見て、一人ドキドキしたのは結構知られてる秘密。。。

まずは十日町の繁盛居酒屋「ワンカップ」。
遅くなった帰りに一杯、なんて思っても、いつでも満員で、しかも出来上がった
宴の雰囲気に、うらやましくもチャリで通り過ぎることはもう何回・・・
安くて美味しくて、なのは知ってるからこそ悔しくなる、そんな宴の雰囲気を、
会場内にくまなく広げてくれるでしょう!

さらにエスニックな雰囲気の駅前裏手、独特の存在感の「ムーチャス」。
本格タコスひっさげての参戦になるのでしょうか?ビールが進むのは間違いなし。
店主とは昔、自転車の話で盛り上がった経験があるんだけど、覚えてるかな?!

さらにさらに、蔵王温泉にてその、独特の空気感を放つ「音茶屋」。
店内にあるカエルのぬいぐるみと、古いスキー場の写真、美味い料理が
印象的ですが、今回の移動販売車では何が出てくるのか期待感大です!

イベントに浮かれる佐藤屋八代目「佐藤慎太郎」フリーマーケットには、いつも変態趣味の自分を酔わせてくれる十日町の巣窟「茶宇」さんの
出店もありますし、一日楽しんでいただくべく、思わぬ豪華商品が集まりすぎて引いている
スタンプラリー含め、中心街のイベントが羨ましくて見に来るんで無いかな、と言うくらいの
メンバーがそろいました「南十日町商店街まつり」。

そんな若手のメンバーが、商店街のおっちゃん、おばちゃんと一緒に、ゆるい感じで
自分らも、楽しみながらお待ちしております!

もうね、でっかいお店に対抗するなんて気は、少なくとも自分にはありません。
結局のとこ「あの人のとこ」を選んでもらえるかどうか。
そのためには「あの人のとこ」を見てもらう機会が多いほうが楽しい!

今のところ一回も、実行委員会にも出てない自分。。。
よって、イベントの出店者さんの情報とか見まして、勝手に興奮してのご案内の
本日でございますので、是非当日においでをいただきまして、自分が見落として
いたよな楽しいところを発見し、「ここ抜けてるで」とご指摘いただけましたら!

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

庄内柿で氷、やりますよ~ 7/24(金)レコルトマルシェにて! 

佐藤屋初のコラボカキ氷が誕生!
その名は「庄内完熟柿氷」

佐藤屋の庄内柿氷 庄内の若い老舗農家、金三郎十八代目と、山形の若い老舗、佐藤屋がコラボして
お届けをいたしますカキ氷。完熟した庄内柿を冷凍保存してあったものを、佐藤屋にて
シロップに加工いたしまして、八代目が削る氷にかけてお召し上がりをいただきます!

何と言ってもやはり、金三郎さんの柿の美味しさをストレートに伝えられるものにしたい
気持ちが強かったものですから、他の素材との掛け合わせなど、最近の八代目の
得意のパターンは、今回は無し!

氷にかけても「柿」とわかるオレンジ色を無着色でキープしながら、柿の味と香りを
しっかりとお伝えできるように仕上げました。

正直、色は黒くなるし、シロップにした最初の方は味がぼけたり、と泣きそうに
なりながらの試作の繰り返しでしたが、お砂糖と果実だけでつくる、という
佐藤屋のカキ氷用シロップの原則は崩さずに、しっかりと製法でもって
クリアできましたのでご期待くださいませ~

以下イベント案内です。facebookでのイベントページからの転載です。
今回のイベント開催に向けてもご尽力いただきましたGozzo山形さんからの
紹介となっております~

庄内あさひに約400年続く「金三郎十八代目」の庄内柿(完熟冷凍)と、
山形で八代190余年の歴史を紡ぐ老舗「乃し梅本舗 佐藤屋」の八代目が
コラボレーション。この夏、山形に新しい夏の味覚が生まれます。

『庄内完熟柿氷』
金三郎十八代目 × 乃し梅本舗 佐藤屋 八代目

デビューするその味を、一足先にご賞味いただける機会をつくらせていただきました。
ご関心ありましたら、ぜひお召し上がりください。
※庄内完熟柿氷シロップと氷の材料が無くなり次第、販売終了となります。

お待ちしております。

7月24日(金)11:30-14:30
レコルトマルシェ@山形市七日町

さて、暑くなってきた山形です!このイベントの翌日25日には、
佐藤屋の本拠地、山形市十日町にて開催されます商店街祭りにて、
初の「乃し梅カキ氷」が登場いたします!

乃し梅本舗 佐藤屋特製の「のし梅カキ氷」個人的には花笠の前に、一番楽しみにしております!
佐藤屋オリジナルの秘密のお品も公開予定ですので~

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

【今年初、のし梅カキ氷!@山形はたらく車大集合】本人も驚く行列に、山形の皆様の応援に心からの感謝を!

カキ氷を作る佐藤屋八代目「佐藤慎太郎」2015年はたらく車にて5月5日、恒例となりました山形市中心街での歩行者天国「はたらく車大集合」に
おきましての「佐藤屋特設出店」。昨年度までも、年を経るごとにお客様の数も増えていただき、
街中振興のイベントとして開催される中でも存在感を発揮してきておりました、若き老舗
佐藤屋、でございましたが、今年はもう、これまでとは比較にならず、そして僕らの予想も超えて、
ただひたすらに凄いことになっておりました。
一体どんな感じだったのか、つたない文でご報告いたします。

【佐藤屋はカキ氷、だけじゃないもんだから凄い!】

そう、そうなんですよね。そもそもカキ氷ってのは、一昨年あたりまでは、
花笠祭りの限定品だった訳ですよ。それまでは、20度を越えてきたな~と
思っても、カキ氷を召し上がるお客様がいらっしゃるなんてのは、思いも
しなかったわけですから。

で、それまでも本町店の特設出店を楽しみにしておられた皆様によって、はじめに
御好評をいただいておりました「カステラのみみ」とか、今年のお正月からお出しした
「エンガディナーのみみ」なんかも、コアな洋菓子ファンの皆様のおかげで、かなりの
好評だったものですから、開店前までには既に行列が・・・

そう、行列ですよ。
テントを張り出している頃にはもう、今日は何が出るのかとお尋ねのお客様や、
お馴染みのお客様とご挨拶を交わしまして、「10時開店厳守」をお伝えしておりましたところ、
9時半を過ぎたあたりからはもう、初市ほどではありませんが、列をなしていただきまして、
限定の品をお求めになるためのお客様が。

でも、しつこいかもしれませんがこの日のイベントは「はたらく車大集合」でして、決して
物販のイベントではございません。
それでもなお、「欲しい」と思っていただける菓子をご用意できたこと、そして何よりも
この祭り感を、心から楽しんでおられる、普段から僕らを応援してくださってる方々が、
笑顔で並んでいただいていた事に、実は開店前から嬉しくて泣きそうだったりしました。

2015年こどもの日の佐藤屋本町店の特設出店勿論、今回もラジオモンスターさんの「10時になりました、イベントスタートです!」の声を
もって、気合を入れての商売開始!早く売ってよ、のお声は当然ありましたが、お客様にも
フライング禁止の理由を説明すると、ご納得いただけるあたりが今の僕らの強みです。

【そして異変が起こる。それはカキ氷スタートと共に!】

順調に?販売をスタートし、カステラのみみはいつも通り一時間もたずに売り切れに
なる気配、他の限定品もどんどんと売れていき、当然ながら端午の節句でございますから、
「柏餅」の売れ行きも大変に良く(後に売り切れになりまして、電話予約なしではお求めいただけない
事態になってたことも判明)、それでいてトラブルもなく、いつものお客様から、新たに目を向けて
くださいますお客様まで、沢山のお客様に恵まれての営業でございました。

が、しかしここで空気が変わります。
「カキ氷は何時から?!」のお声がちらほら、いやもう頻繁に、もうそこで待ってる方も
おられるじゃないか、と気づいたのは(いや正確には見えないふりしてたけど観念したのは)
「販売開始予定はお昼頃」とぼかしてはいたものの、開店をしてから結構すぐのこと。

この日は朝方が少し寒くって、氷の状態も削るに良い感じになるまでに時間が
かかっていたのは事実でしたので、決してじらした訳ではないのですが、さすがに
10人は確実にお待ちになっている状況、様子を見てる感じの方々の視線も多数感じる
状況に耐え切れず、氷の様子を見てみると、急に上がった気温でもって、いつでも
けずれるよ、と氷から言われてる感じにて、スタートを決意いたしました。

山形 佐藤屋のカキ氷の大行列の様子。「のし梅氷」

早速に小さな行列ができまして、お待ちかねの皆様が、今年初の佐藤屋のカキ氷を
お求めくださいまして、それぞれお馴染みの方も多く、色々とお話やご挨拶をさせていただき
ながらの削り方。待ちわびていたと言う方の多いことに、心から嬉しく、何度もお礼を言って、
併せて柏餅や限定の菓子をお求めいただいたりして、また喜んでおったりいたしましての
時間を過ごしておりまして、15分も経った頃でしょうか?!

ふっと異変に気づきました。

何か列長くないかな?いや、間違いなく長いよね。

通りをはさんでお向かいの店を過ぎるともう、削る自分の位置からは、
行列の先は見えません・・・
佐藤屋の仲間も異変に気づいたらしく、ちょっと焦っています。

まあそれでもできることは、急いだ削りをするんではなく、いつも通り、しっかり
仕上げた一杯ずつをお出しすることしか無いわけですが。
焦って質の下がった奴をお出しするのが一番嫌いな訳ですから。

それにしても長すぎる行列に、1時間もした頃でしょうか。
耐え切れずにお客様に、「お待たせしました、どれくらいお待ちで?」と
聞いてしまって驚愕。「1時間くらいかな?」

「1時間」ですよ、自分なら諦めます・・・

もうあまりのありがたさに、ちょっとシロップの量も多めになりますよ(笑)

カキ氷に必死の佐藤屋八代目「佐藤慎太郎」結局、東京からおいでいただいたお客様や、山形のお客様、仙台からなどのお客様も入り乱れ、
大盛況にて一気に駆け抜けた数時間の出店となりました。

お待たせいたしました皆様には、心からのお礼と、お待たせへのお詫びを申し上げます。
乃し梅氷が最も人気がございました。乃し梅の美味しさを見直していただいた方も多かった
みたいで、店でもお子様から幅広く、乃し梅をお求めいただけた方がおられ、これも本当に
嬉しかったことの一つです。

また、この日のエピソードで、後にfacebook経由で知ったのですが嬉しかった事一つ。

大行列の中でお待ちの方。

あまりに待つものですから、列を抜け出して、自分の削る様子を見に来られたそうで。
列に戻ってご一緒の方に「それは時間かかるわ。あれだけ丁寧に作ってたら」と
おっしゃって、ニコニコとまたお待ちいただいたそうで(涙)

こう言った事があるってだけで、僕ら佐藤屋の面子がやってる、時間と手間がかかっても、
自分らが本当に美味しいものを作るって事が、ちゃんと伝えられれば、しっかりわかって
いただけるんだな、と嬉しくてたまりません。

山形 佐藤屋の乃し梅は一枚ずつ手作業で仕上げます。乃し梅にしろ何にしろ、佐藤屋の菓子は、そのほとんどの工程を手作業で仕上げます。
正直、時間もかかりますし、効率化できない訳ではないかも知れません。

それでも、その日ごとのあんばいを、自らの手を通して確認し、舌で確かめて
店に出す。そしてその菓子をしっかりとご説明差し上げながら、時にお渡しする人間の
想いも込めた語りを含めてお求めをいただくことで、これからも「自分たちが美味しいと思うもの」を
皆様にお届けしていけたらと思います!

至らないことも多い僕ら佐藤屋ですが、伝統の店とは言えまだまだ変化の真っ最中。
これからも、皆様の応援とご指導で、若い老舗として頑張ってまいりますので、是非とも
よろしくお願いいたします!

ちなみに乃し梅カキ氷、大好評につき、6月中旬には横浜髙島屋さんに登場が決定を
いたしておりますので、神奈川周辺の皆様も是非お楽しみに~!

山形では、6月20日の「さくらんぼ祭」にてお出しいたしますよ~!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

【乃し梅かき氷発進!】こどもの日「はたらく車大集合」にて佐藤屋特設出店やります!

乃し梅本舗 佐藤屋特製の「のし梅カキ氷」

すわ、佐藤屋さんもついに喫茶開設か、と上の写真で思われた方、早とちり残念でございました。
もろもろ難しい事がたくさんにありますようでして、佐藤屋に喫茶が誕生するのはまだまだ先に
なるのではないかな、と言う感じのこの頃。

しばらくはやっぱり、年間数日だけの限定の「カキ氷」で参りますことになるのでは・・・?!

【で、今年初のカキ氷は5/5こどもの日だ~!】

さあ、恒例となりました5月5日は子どもの日。山形市内中心街での歩行者天国「はたらく車大集合」が
本年も勿論開催されます!

と来れば勿論そうです、佐藤屋本町店前での特設出店、やります!
当然ながら、昨年秋に東京は新宿に御呼ばれしました、山形の誇り「乃し梅氷」(自称)、
はじめとして、カキ氷ではイチゴ・愛媛レモン・宇治金時をご用意して、天候関係なくお昼ごろより販売を
させていただきます予定です!

ここを逃しますと次は6月20日の「さくらんぼ祭」、8月頭の花笠祭期間となってしまいますので、
暑かろうが涼しかろうが、集え山形のカキ氷好き!そして東京からもウエルカムです!
はたらく車いっぱいだし、蔵王温泉も空いてる(しかも安全だから)から、ここはねらい目です!

乃し梅本舗佐藤屋の限定品「カキ氷」各種。代表格はやはり「のし梅氷」上の画像ではちょっとおしゃれに都会かぶれた風でおりますが、当日はいつもの、皆様おなじみの
この姿で登場をいたしますので、車を見て歩きながら、少しずつお召し上がりをいただきまして、
見てる内に溶けてきた頃合を見て、フローズンカクテルよろしく飲み干していただけましたら嬉しいです。

ちなみに、乃し梅氷の溶けかけたやつと、愛媛レモンの同様のやつに、焼酎などを注ぎますと、
大人の男もイチコロの品となりますが、くれぐれも家族サービス中のイクメン男子の皆様は、醜態を
さらさずに、大人の男のかっこよさを見せて、将来「父と飲みたい」と言われますような振る舞いを!

佐藤屋八代目「佐藤慎太郎」kidcomfortにて登山wちなみに山形県ではイグメン共和国と称して育児に積極参加する父親たちが集っておりますが、
私もその仲間に入れてもらってまして、そのきっかけがこういうカッコで登山、スキー、MTBなどを
楽しんでいたことだったりします。おかげで?息子にとって父親は現時点ではヒーローです?!

脱線しました、失礼。

【だけじゃない、佐藤屋!】

勿論、カキ氷だけで終わる佐藤屋の特設出店ではございませんよ~!

「こどもの日」でございます、端午の節句でございますので、本町店だけ限定の、
鯉のぼり型の箱に入れました「柏餅」を販売しますし、

山形 乃し梅本舗 佐藤屋の「柏餅」イベント限定となっております、毎回売り切れ御免の「いつものやつら」も登場します!

【カステラのみみ】→もはや言わずと知れた佐藤屋のイベント限定品。3パック入が100セットは
ご用意できるかと思っておりますが、とにかく早目が間違いありません!開店は10時です!
もう一度繰り返します、開店は10時!並んでいただくのはかまいませんが、イベント開始前に、早く
売ってくれ~は無しに。。。

【三寿の残り福】→こちらはコアなファンの多い和菓子の逸品でして、桃山(黄身餡)で梅・黒糖・抹茶の
三種の羊羹をそれぞれ巻いて焼き上げたもの。独特の香ばしい風味がたまりません!

【久々登場、しっとりバームクーヘン】→実は洋菓子も老舗の佐藤屋さんの、ひそかな自信作の一つがこの
バームクーヘンでして、しっとりとして美味しく、職人仲間内でも人気なのですが、何せ結婚式なんかの
限定の品。そして結婚式場でバームクーヘンの鉄板と言えば○ー○イムさん・・・
よって、まずめったに作らない品物を作るチャンスに恵まれたので、20箱位だけお持ちします!

そんなこんなで、ほんのちょっとずつの限定品と、定番の柏餅とカキ氷。
そして勿論お子様に大人気の「はたらく車」。その中でも整理券の列がすごいことになります
「高所作業車」の前にございます「佐藤屋本町店」にてお待ちしております!

hataraku-kuruma
画像をクリックすると「はたらく車」のイベント紹介ページに~

詳しいイベントの内容につきましては、上の画像をクリックしてくださいませ!

あや先生作の佐藤屋八代目佐藤慎太郎図(笑)最後になりますが、毎度開店前から沢山のお客様においでをいただきます、
佐藤屋の特設出店、開店は今回は10時から、10時からです!
皆でイベント開始のラジモンさんの放送を待ちながら気持ちよくスタートをば
いたしましょう~

丸くてあま~いお菓子を売っていますので、角をたてずに皆仲良く!
当日、必死の準備してお待ちしております~

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

【上山桜フェス2015】遅くなったけど、楽しかったコラボ企画のご報告!

上山桜フェス2015.豆と麦とさんとのコラボにて奮闘する佐藤屋八代目、佐藤慎太郎大変遅くなりました、が既にご挨拶と化しておりますこのブログ。
更新する気はあっても、なかなかに忙しくしたりしてると疎かになる私を
許してくださっている読者の方がいらっしゃることだけが励みだったり。

さて本日は、去る3月8日に行われました「かみのやま桜フェス2015」のご報告をば!
思えば第一回には「山形美人塾」さんとの和装コラボで出展。昨年は「チームラム」さんとの
コラボで出展。実は皆勤賞です!
そして今年は、昨年の同じイベントにてチームラムさんの一員として、一日中ずっと前かがみで
必死にコーヒーを淹れ続けてくれた「豆と麦と」のあべくんとのコラボ!

一年前から遊ぶ計画を立てながらも、私の不義理によりないがしろにされていたというのに、
優しくいつでも待ってますと言ってくれていたナイスガイとのコラボは、やっぱり楽しかったです!
いろいろあったけども・・・

波乱の幕開けにて

終わってみれば楽しかったこのイベントでしたが、幕開けは波乱でございました。
もう山形に戻って初めて自信喪失しそうだったくらいに・・・

そもそもが今回の企画は、「ライブ感のあるコラボ」をして、皆さんに「和菓子とコーヒー」の
コラボを「一緒になって楽しんでもらおう!」みたいなとこを目指しまして立案。

結果、昨年同様、一杯ずつあべくんがコーヒーを淹れ、その待ち時間に、お茶請けの和菓子を
ご自身で作ってもらうワークショップをしよう、となりました。
もちろんコーヒーとのせっかくのコラボですから、やはりちょっとチャレンジしたものが良かろうと
思いまして、考え抜いた末?に出てまいりましたのが「桜餅焼いてみようワークショップ!」

ホットプレートを持ち込み、焼き皮の桜餅を皆さんにご自身で焼いてもらい、そこに一風変わった
トッピングで白餡・クリームチーズ・ナッツ類・ドライフルーツ各種などをお好きなスタイルで
盛り付けていただきまして完成させよう、と言う形に。

思えばこの「ホットプレート」が曲者でした。

なんだかんだでバタバタしてて、朝までかかって準備をし乗り込んだ上山。
場所の準備などはほとんどあべくんがしてくれていまして、搬入もスムーズに終わり、設置も完璧?!
楽屋スペースで和装にさっと着替えまして、いつも通りの羽織姿にニット帽に。

ホットプレートに電源入れて、コーヒー用の湯沸しポットに電源入れて。
さあ後はあったまればスタートだ、の頃には何故か会場でもっとも奥まった場所にある僕らの
ブースの前は行列が・・・

かみのやま桜フェスにて、手作り桜餅ワークショップでの佐藤屋、佐藤慎太郎
この辺であせったわけではありませんが、先頭にお並びいただいたお客様は、あまりの
待ち時間に(11時開始のイベントなのにそれより前に並んでいただいておりましたし)、一周してから
くるね、のお言葉でしたし。それでも並んでくれてた方は、モンテディオのサポーターさんでブログも読んで
くださってるなんて聞いたりで、焦ったとこもあったのかもしれません今思えば・・・

結果から言いますと「焼けませんでした桜餅!」

モンテディオサポ様ご家族にて挑戦された一番手のお客様。
ところが、通常であればお玉で生地を鉄板にのばしまして、1分もすればフクフクと
浮いてまいります生地の様子がなんだかおかしい・・・

しまいには何となく気になって、無理やりひっくり返そうとするお子さん。
もうチョイ待ってみて、と言いながらも、やっぱり我慢できずにひっくり返すので
失敗。そして再チャレンジ、今度はもう少し待ってみたけども、浮き方が悪くなんだか
じわじわ火が入る感じで、思ったのと違いすぎる、シュミレーションと違いすぎる!
結局そのご家族は、それでも貴重な体験できたよ~と言ってはくださり次のお客様へ。

もうね、たった2組くらいだったけども、この時点で頭の中は「?」が飛び交う有様。
ガス火の鉄板ならいざ知らず、ホットプレートは火力が安定してて誰でもある程度
良い具合に焼けるというのに・・・
ん、その頃お向かいでコーヒーを淹れるあべくんの顔にも焦りが。「お湯が沸かない・・・」

通常ならこの辺で気づいたかもですが、目の前にずらっと並んでくださってるお客様が
おいでですのでもう、その事に気づくことはありませんでした。

と、そんなところで職人仲間登場。そして一緒にホットプレートの様子やら生地やらチェック。
すると何だか異臭が。さらにプレートが何だか熱くない?!
ふっと横を見ると、あべくんのお湯のポットも調子悪そう。そして、コードリールから煙出てる!!!

そうです、煙です!もう火災一歩直前、伝統の建築物「武家屋敷」にて開催されてるイベントな
だけに、本当に焦りました。お借りした延長コードが一部破損していたらしく、そこにもってポットや
ホットプレートで負荷をかけたもんですから発熱し煙が出てしまったようなのでした。

よってプレートの熱も安定せず、生地の仕上がりが良くなかったと言うわけで、その後職人仲間の
茶々入れなどもあって気分もほぐれ、一気に焼け具合も好転してまいります。
あのモンテサポのご家族の方、こちらをご覧でしたらば是非、次回スタジアム出展の際などには
お申し出くださいませ。お詫びさせていただきたいです。せっかくの機会だっただけに悔しくて今も。

そしてクリームチーズとあんこの評価はいかに?!

大好評だった佐藤屋のクリームチーズ桜餅@かみのやま桜フェス2015にてもう何だか、上手くいかなかったことだけで終盤まできてしまいました本日の記事。
既に大半の方が飛ばし読みになってるかとは思いますが、ここからが重要です?!

その後調子を取り戻し、どんどん焼きながら、いろいろと盛り付けながら、皆で楽しみつつ
行列も苦にならず、な理想の展開に(実施側は結局ずっと忙しかったのですが)

何より、気持ち悪い!とか言われちゃうかな、と思った焼き皮桜餅に白餡・クリームチーズ・ナッツに
ドライフルーツな組み合わせが、すんなり皆様受け入れてくださって、しかも「面白い」「美味しい」と
結構なご高評をいただけた事が最高にうれしかったのです!

もちろん、「コーヒーと合う!」が〆に来ることによって、「豆と麦と」のあべくんとのコラボの意味が
出てきますし、その言葉とかいただきますと、バッタバタしてても嬉しくて楽しくてお礼のために
手が止まるタイプ(笑)

友人・知人・いつものお客様・あべくんのお客様・何かわかんないけど面白そうな雰囲気に惹かれた人。。。
たくさん集まってくれた皆さんのおかげで、コラボした自分とあべくん、手伝ってくれた人たちも含めて
大満足の時間はあっという間に。結局11時のスタートから気づけば3時過ぎにて売り切れ。
僕らの体力も売り切れ。たくさんの皆様に本当に感謝!二年連続建物に隠れたもっとも奥の
場所なのに、あの行列はすごいことです!

今年もイベントの内容を見ることはかなわず。よって、桜フェス自体については一体どんな具合だったのか
皆目検討もつきませんと言う感じです。イベント内容についてはflore:
次のあべくんとのコラボも願ってるんだけど、何より最近は県外に行く機会が増えちゃって、打ち合わせが
できなくって実現まで時間がかかるのが悩みです。でもきっとまたやるのでお楽しみに!

今回で、桜の葉をハーブと思えば、やっぱりクリームチーズとは合う、と自信も深められたので、
次の新宿高島屋さんでの「若き匠たちの挑戦」展には、道明寺桜餅の芯に、クリームチーズと白餡を
抱き込み、そこに大徳寺納豆を忍ばせた奇作とも呼べます菓子「醍醐の桜」を堂々と持っていこうかと!

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

山形の、横浜の、たくさんの皆様に感謝して【ワカタク@横浜高島屋】

横浜高島屋でのワカタク集合写真2月25日より3月2日までの期間、横浜高島屋さんにて開催されました
「グルメのための味百選」、その中に設けられました「若き匠たちの挑戦」のブース、通称「ワカタク」にご来店をいただきましたたくさんのお客様のおかげをもちまして、昨年の
出展に続きまして、大変にありがたいご縁を多分にいただきました事、心より感謝を
申し上げます!連日その場で作る生菓子などには、幅広い年齢層のお客様に興味を
お持ちいただけまして、新規の出展にも関わらず、固定ファンの多い催事においても、
新たに私たちの菓子をお求めいただけるお客様の多かったことは、今後に向けても大きな
励みとなってございます!

【職人が皆で作り、皆で売る。だから面白い!】

彩雲堂、山口周平さんの実演デビューにちょっかいを出す佐藤屋八代目佐藤慎太郎このワカタクのイベント、何が面白いってまずは、通常はそれぞれの店舗に分かれて
製造の実演や販売をするブースが、8店舗で1つにまとまっているところ!
今回は諸事情により、田中屋煎餅さんだけがちょっと別の島になりましたが、それでも
看板は一つにまとまり、連名で表記がされておりまして「若き匠たちの挑戦」となって
ございますし、実演ブースも共同使用となりますので、必然的に人の仕事も目に入ります。

一般的には和菓子屋さん、人の仕事を目にする機会と言うのはあまりなく、ブースの外から
見学し勉強させてもらったり、講習会などで先生役の方の仕事を見せてもらうことはあっても、
仕込からお客様にお出しするところまで、全てを人の仕事も見、自分の仕事も見られながら
すると言うことはまずもってございません。

ところがこの「ワカタク」におきましては、職人が皆一同に会しまして、一緒の場所で作り、
そこでできたものを売るわけですから、色々と面白い化学変化が起こったりいたします。

たとえば上の写真、これまで職人経験の無かった島根は松江の「彩雲堂」の山口さんの
実演デビュー(これは相当の練習を積んでこられましたし、相当の覚悟が必要だったと思います)を、
滋賀の「しろ平老舗」の岩佐さんと私がサポートさせてもらっているところ。人のお店の菓子を作るのに、他の店の人間が仕込みを手伝い、箱詰めし、あまつさえ
売るところでは、実演で不在の主人の代わりに他の店の主人が、さも自分の菓子であるかのように
真剣に語り、お客様にお伝えするなど、通常はまずありえません!

それぞれの店の菓子を、熱く語る佐藤屋八代目佐藤慎太郎@ワカタク横浜高島屋元来が語る性質の私などは、もうこの通りどんだけこの菓子が面白く凄いのかを
語り始めますと止まりません。語りつくしてお客様が手に取られた菓子の中に自らの
菓子が入っていなくて呆れられる、などと言う事も多々ございました。
それ位に、よそ様の菓子を見て勉強になり、これを知らずにただ食べてしまうのでは
もったいない、と思わせていただける事の多い、刺激の多いイベントなのでした。

【和菓子を見る目に熱いものを宿していただけたなら!?】

人だかりとなる時間帯も珍しくなかったワカタク横浜高島屋での実演ブース。佐藤屋八代目佐藤慎太郎も必死です。僕らの熱気が通じたのか、実演ブースの前には時として老若男女かまわずの人だかりを
作っていただきまして、地味な存在だったかもしれない「和菓子」と言うものを、それぞれの
想いのこもった大切な存在として認識していただける機会になったかもしれないな、と本当に
嬉しくありがたく感じた次第です。

ワカタク@横浜高島屋限定の生菓子勢ぞろいこの場だけの限定の生菓子も、それぞれが餡の種類を変えたり、名や姿に込めた意味合いを含めて
楽しんでいただけるものばかりで、お客様もそれを楽しんでいただける方が多く、恵まれていました。
普通は、一種か二種程度の実演が行われる実演ブースの中ですが、富山の引網香月堂さんの
超絶技巧による可愛らしい動物の生菓子。浜松の巌邑堂の内田さんによる長命寺桜餅に、
艶々の草餅、揚げたての揚饅頭に淡い色が特徴的な生菓子。向島の青柳正家の須永さんが
その場で蒸し上げた生地で仕上げるボリューム満点の豆大福。最年少石川の雅風堂の安田君は、
先輩方から色々と指導をされながら(これは本当に若手の特権で羨ましかったり)の、本店でも
季節限定のみたらし団子。滋賀はしろ平老舗の岩佐さんによる、そのごっつい手から生み出されるとは
思えない繊細な技巧の生菓子。松江では25日の限定のごんち餅を、職人修業を積んで今回
デビューされた山口さんは前出の通り。自前のオーブンを持ち込んで、伝統の大垣の味噌煎餅に
キャラメルペーストと岩塩で仕上げた香ばしく芳しい香りの煎餅を超越した煎餅「まつほ」を
実演していた田中屋煎餅総本家の田中さんは、自分が外に出るきっかけを作ってくれた兄貴分。
これだけの種類を次々に見られる機会はありませんので、このブースだけで2時間くらいおられた
方もいらっしゃったことにはこちらも驚かされるやら嬉しいやら!?

京都仕込の道明寺桜餅を実演する佐藤屋八代目佐藤慎太郎そんな中、私も京都で修業した際に初めに触らせてもらった菓子(と言うかこれ以外の菓子は触った
ことがなく、生地の仕込みや餡の炊き方はやったものの、殆ど菓子を作ったことなく山形に戻って
きたのですが)、道明寺の桜餅や、こちらも修業時代に八坂神社からちょっと登った蘇鉄庵にて
出会った緑色の桜「御衣黄(ぎょいこう)」にまつわるエピソードから作りました生菓子「雅の花は」を
実演させていただきました。
中には小さなお子さんもいらっしゃって、いつも通り仕切りの向こう側にちょっかいを出して興味をひき、
ついには仕切りの外に出て、好きそうな形に作った煉りきりをプレゼントしちゃったりと言うことも
ございまして、もしかするとこのイベントを一番楽しんでいたかもしれません。

【ただ食べる、だけでない食べ物への復権】

何故に楽しいか、と言うとやはり、お客様に直接僕らの想いを伝えることができるから。
昨今流行の「自分へのごほうび」としてのスイーツの存在は否定しません。
だけどもし可能なら、私は菓子でご縁をつないでもらえたら、ちょっと特別な時間を、
誰かと過ごしてもらえたら、と思うのです。

私の代になってから、ずいぶんと難しくなった、と言われることのある生菓子の銘。
これも、考えて作るまでを全てやる職人の一人として、綺麗だな美味しいな、だけで
終わってしまう菓子ではなく、そこから一歩、どなたかに話したくなるよなものをお付け
してお渡しできたら、との想いから。

故に山形の店では、菓子の銘やその意味など少し書いた紙をお付けして生菓子を
お渡ししていますが、やはりその場で直接お話いたしますと、もっとたくさんの込めた
ものをお伝えできますから楽しい。

若き匠たちの挑戦@横浜高島屋限定佐藤屋の生菓子「雅の花は」
「雅の花は」は、御衣黄という緑の桜に見とれていた自分に、その桜の主がしてくださった心遣いのエピソードから桜をテーマにした生菓子、とのお題に応えて作りました。

また、棹物の菓子が多いのも、どなたかと一緒に召し上がる、ないしはおすそ分けをしてもらい、
同じものを召し上がる時間を持っていただくことで話の種になったら、との想いから。お酒に合わせての菓子の召し上がり方をご提案するのも、お酒の席に、ちょっといつもとは
変わった話の種を持ち込んでいただき、面白がってもらえたらとの想いからなのです。

話の種になる菓子とはきっと、和菓子が発展してくる際に通ってきた道だと思うのです。
茶席において、菓子の色や姿、銘に込められた意味を含めて、なるほどと納得したり、
うわっと驚かされたり。そんな、ただ食べるものではなかったはずの和菓子。

半人前の菓子作りではあるけれども、自分なりの想いを形にしたものを、自分の想いを
お伝えしながらお渡ししていくことで、少しでもそんな和菓子の姿に近づいていけたなら、
きっと楽しかろうな、と思って商いをしております。

そして、そんなただ食べるもの、ではない和菓子への復権を、軽やかに、共に刺激し合い
ながら取り組ませてもらえるワカタクの面子、場を作り出してくれたバイヤーの畑さん、
そして何より、いつもそんな私たちを応援してくれる地元の仲間とお客さん、出先で
ご縁をいただき、そこからずっと楽しんで応援してくれる皆様に感謝して、これからも
和菓子でちょっと自由に、楽しんでいただける取り組みをしていきたいな、と思います!

【次回は新宿だ!】

カキ氷を鋭意製作中の佐藤屋八代目佐藤慎太郎さあ次回は新宿高島屋さんで4月15日から22日までの開催になりますワカタク!
今度は昨年も高評だったイートインでのカキ氷などもございますし、もっともっと忙しくなることは間違いなし!さらに新作の精度も高めなければいけません!
ご期待をいただき、それを裏切ることのなきよう、まずは日々の山形での菓子作りに
精進し、東京へまいります!

あや先生作の佐藤屋八代目佐藤慎太郎図(笑)最後に、今回からデビューしたイラスト付きポップを描いてくれたあや先生に感謝!
フラフラと自転車で街中を走り回ることでいただいたご縁が、色々に私をいつも助けて
くれています!お客様からも高評でした~
是非佐藤屋の店頭や催事の出展の際にご覧ください!
さらなるたくらみもございますのでご期待を?!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

若き匠たちの挑戦@横浜高島屋 2/25より参戦です!

若き匠たちの挑戦@横浜高島屋限定佐藤屋の生菓子「雅の花は」
期間中はそれぞれの若店主がその場で菓子を作ります!佐藤屋も生菓子実演。

忘れられていませんでしたか佐藤屋八代目ブログ?!
なんと前回更新から一月もご無沙汰をいたしましたが、普段からこまめに
チェックをしておられる方がいらっしゃるかは不明です。

【横浜高島屋「若き匠たちの挑戦」のご案内】

2月25日より3月2日まで、横浜高島屋さんの8階催事場にて開催の、
「グルメのための味百選」の中で、『若き匠たちの挑戦』と題されました
ブースに、佐藤屋も加えていただきまして参加でございます!

昨年9月に、新宿高島屋さんで初開催、その後1月に柏高島屋さんでも開催。
共に抜群のチームワークを見せ、各店の店主が、それぞれの菓子をお互いに
おススメしながらの販売、互いを刺激しあいながらの実演に、ご好評をいただきました
面子が、横浜でまた集います。

佐藤屋は八代目スタイルの菓子で勝負

佐藤屋は今回も、いつもの山形物産展などでお持ちをいたします伝統の菓子とは
ちょっと趣の異なります、「今」に取り組む八代目スタイルの菓子を持参いたします!

今回は限定品として、乃し梅チョコ「たまゆら」の進化版「光風(こうふう)」も持参!
白餡と寒天で固めた和の生チョコは、これまでも好評をいただいておりましたが、
今回は、さらに梅肉とブランデーをねりこむことでもって、なめらかな口どけと
華やかな香りを実現いたしました自信作です!

また、期間中は25日より27日の昼過ぎまで八代目自身も店頭に立ちまして、
皆様に菓子の説明をさせていただきますのはもちろんのこと、道明寺の桜餅、
上生菓子の実演をさせていただきますので、是非足をお運びくださいませ!

毎度ご案内がギリギリになって申し訳ございません。
また、毎度ご好評をいただきます「佐藤屋春の菓子祭」も26日から3月1日までの
四日間に開催でございます!是非こちらもお見逃し無く、というよりもこっちが
地元での本命でございますので!

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

モンテディオ山形を応援したい!それも和菓子の力で!

山形 佐藤屋八代目佐藤慎太郎モンテディオを応援します!

これまでのサポートとこれからのサポート

いよいよ、契約更改・移籍情報なども出揃ってまいりまして、新シーズンの幕開け、
J1復帰のシーズンとなります!山形県民にとって、年末の街を熱くしてくれたに違いない
おらだの街のクラブが、日本最高峰のステージでまた闘いを始めます。

八代目は、菓子職人になるより以前より、モンテディオ山形を応援してきました。
そのほとんどの期間は、いわゆるゴール裏の住人として、声や手拍子、跳ねる姿での
現場でのサポートでした。当時はまだ少なかった、西日本での試合においては、少人数でも
熱い応援を選手に届けられれば、と奔走しておったことをご存知いただいております方も、
少なからずおられ、今もそのご縁にお世話になっております。そして無論今でも、そこでのサポートをこそ、最重要視しておりますことは間違いありません。

しかしながら現在は、従業員さんの生活を担う判断をすべき経営側の一員として、
店での仕事に多くの時間を割いておりますもので、やはりスタジアムへの参戦が、かなり
少なくなってきているのも事実。
リボンマグネット募金への協力、ポスター掲示など、スタジアム外での活動にも参加はしておりますが、
自分としては今ひとつ、やり切れていないな、と言う部分を感じてしまっていました。

実は以前、クラブ公認の菓子を作り、その売り上げをもって、クラブへの支援を行いたいと思い、
働きかけをしたこともありましたが、そこは大人の事情もありまして実現せず、今日に至って
しまっておりまして、その部分も不完全燃焼であった思いはぬぐいきれておりませんでした。

高校、大学、修業中、そしてこれまでと続けてきたのが現場のサポート、とするならば、
今できることは、自分が今いる現場をつかってのサポート、であろうと思うに、ここに来て
いたりました。つまり、プロの菓子職人としての技を使ってのサポートです。

具体的サポート案について

山形 佐藤屋のモンテディオ応援和菓子「頂」そこで考えたのが上の菓子です。
銘は「頂(いただき)」、餅粉の寒天とほんのり柚子の香りの青の寒天を合わせ、クラブの色である
青白の山々を表しました姿に仕上げました。

この菓子を、1本1000円(本体)にて販売をし、その販売額の中から200円を、クラブへの寄付と
させていただこうと思っています。
これまでも、同種の試みとしては、「12(トゥウェルブ)」、と言う飲料がございました。
あちらの場合には、1本の売り上げから10円を寄付されており、昨シーズンは160万円以上の金額が
集まっておりました。

現在、購入することでクラブを支援する商品はその他にも、多数あります。
そういった商品は、ある程度の規模を持った企業さんの商品が多く、それ自体は悪いことではなく、
(そういった企業さんは、商品販売の他に、多額のスポンサー料もお支払いいただいております)
むしろ広く求めやすい商品として、クラブの名を冠したものがあることで、サポーターとしては、
生活の中で購入するものを選ぶ際の基準としてありがたいものでした。
しかしながら、中小企業の多い土地柄である山形。
その中で、モデルケースとなる、「おらだのクラブ」への支援の方法は未だ多く
提示されているとは思えないのは私だけでしょうか?

毎度とりざたされる「小規模予算」の「地方クラブ」である山形が、今後も安定して闘い、
街に住む人間に、スポーツの持つ力でもって、大きな活力を与えてくれるための戦力の
一つとして、「資金」の話をしていくことは、決していやらしいものではないと思うのです。

作れる数にも限りがあります手作りの店である佐藤屋ですので、1本からの寄付額は大きいですが、
きっと大手さんの商品とは違い、品切れも発生すると思います。
そもそも、寄付したければ直接に、クラブへ渡すと言う方もいらっしゃるでしょう。

寄付をすることだけが目的ではない、商品と言う提案の仕方

ただ、私が提案するこの、「菓子を購入して支援」と言うのは、決して資金的に支援を
することだけが目的ではないのです。

リボンマグネットに代表される、いかにもクラブの色の強いものと言うのはきっと、現時点で
クラブを好きな人にとっては、購入の対象(実際は募金なのですが)となるでしょう。
でも、クラブに現時点で興味を持っていない人にとっては、何の魅力もありません。

しかし今回の菓子は、自分で言うのはおこがましいですが、しっかり和菓子としても
当然美味しく(柚子がほんのりと香りますので、上品な味わいです)、普段はクラブに
興味を持っていない、普通の和菓子ファンの方にも召し上がっていただけるものに
仕上がっています。
パッケージにおいても、それとわかる色や文言は使っているものの、前面にクラブの
支援を押し出している訳では有りません(公認商品でないので当たり前でもあるのですが)。

山形 佐藤屋のモンテディオ応援菓子「頂」パッケージこの菓子を、普通に佐藤屋に来て、何の気なしに、新作だから、柚子が好きだから、
八代目の寒天ものが好きだから、でも何でも良い理由で手に取った人が、自分の選んだ菓子に
支払った金額のうちの一部が、クラブに寄付されると知ったならば、ちょっと気になるのでは
ないかと思うのです。
その上で、クラブに興味を持ち、いつかあの、非日常の刺激に満ちたスタジアムに足を
運んでくれたら、それは自分が、菓子職人としての技を使ってのサポートとなるのではないかなと。

また、普段から本当にありがたいくらいに応援をしてくれているサポーターの仲間たちが、何か
菓子を使う用があったとき、この菓子を選び、現時点でサポーターではない人にプレゼントを
してくれたり、おもてなしの際に使ってくれたならきっと、スタジアムでなくとも、クラブの話になると
思うのです。その上で相手の興味を引き、一人でも多くのサポーターが誕生したとしたらそれは、
自分の今いる現場での力を使ったサポートになると思うのです。

まとまらない熱い気持ちの文のまとめ

何だか「応援したいんだ!」の気持ちだけで、どーんと走った文になりましたが、
なんとなく気持ちがつたわりましたでしょうか?!

その昔あるスタジアムで大小さまざまの看板を見たとき、どこかのチームでは、
お金は出せないけど、と飲食やクリーニングなどで現物支給なさポートをしてるのを
見たとき、感じるものがありました。

スタジアムでサポートするのが一番です。これは譲れません。
プロ選手なら誰しも、きっと満員の観客の前でプレーするに越したことなどないでしょうから。

それでも、1シーズンごとに一喜一憂する中でも、継続的な支援というものを、それぞれの
街が考えなければならない。それはきっと、背伸びしすぎて息切れする程の入れ込みようでは
なく、それぞれの現場の力、を使ったものだと思うのです。

その思いへの回答の一つが今回の菓子です。
毎度の事ですが、賞賛も非難もあるとは思います。何本作ったのか、本当に寄付してるのか、は
信用してもらう他に証明は本当にはできません。

それでも地元の老舗として、この街にある価値を考えたとき、自分の現場の力をもって、
貢献をしようと考えたとき、この形でしか自分の想いを表すことはできないと思いました。

販売開始は1月10日。初市の会場、佐藤屋本町店にて100本限定で行います。
それ以降は、通常の仕事をしながら追加製造をしてまいります。
もちろん、佐藤屋のホームページのお問い合わせからもご注文可能です。

願わくば、それぞれのできる範囲での新しいサポートの形の生まれんことを。
おらだの街に、おらだのクラブがある幸せを、自らの現場の力でもって表現する
サポーター同志の現れんことを。
よろしくご理解と応援の程、お願いいたします!

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ