IWC2018山形チャリティ試飲会【大盛況に感謝申し上げます】

IWC2018山形市長と八代目

IWC2018山形開催記念、文翔館でのチャリティ試飲会においでの皆さま、御礼が遅くなりましたが、本当にありがとうございました!
会場は11時のスタートを待たずに長蛇の列、こんなにたくさんの人が集まる「日本酒」の力まざまざでしたね。
佐藤屋は和菓子屋ですが、朝一開店前から覗きに来てくださる方が多く、最後まで待たずに完売!和菓子と酒に高い評価をいただき、感激でした!

当日の朝は、9時台には静かな感じの街でしたが、10時を超えるとなんだかざわざわと人が増え始め、開始30分前となる頃には、IWC出品酒も県産酒もどちらもが行列に!県産酒のコーナーの前にあった佐藤屋ブースですが、湯殿山神社方向への行列の後ろが見えず驚きました。

なお、当日のシステムなどについての説明を探し、このブログをご覧いただいた方が相当数いらっしゃった様で、朝一から「ジェットストリームアタック!」とか声をかけていただく事が多かったのにびっくりでした(笑)

その理由は、前回のご案内の記事でもご紹介いたしましたこの「黒い三連星」!
和菓子と酒のペアリングに取り組んできた中で、特に面白がってもらえそうな菓子を選んでみたところ「どれも黒メイン」であったことから考案した名前ですが、実は高さも階段状にしたりして「飛び越える役と踏み台役」を菓子にも設定した細かさもウケた様です(真剣な話)。
黒い三連星のパッケージ佐藤屋

なお、パッケージに貼ったラベルの星は三連星。
もちろん赤いのはモノアイをイメージしております。この辺は、お近くでガンダムがお好きな方におたずねくださいませ。

IWC2018山形チャリティ試飲会の佐藤屋ブース当日の佐藤屋店頭は、潔いこの三点!
黒い三連星、乃し梅のシロップ、シロップのソーダ割。
おとなりではメンチカツ(呼び込み凄かった~ギャル曽根さん絶賛だったらしい一品)、芋煮(盛の具合について佐藤屋に訴えてこられる方いらっしゃいましたがどうにも・・・)、牛串などのいわゆる「しょっぱい系」で、当然ながら甘いものは無し!
唯一と言って良かった糖のものは天童のカキ氷でしたが、逆サイドだったのでどんな様子か見えずでした~(泣

開店時には冒頭の写真の様に山形市長様にも視察をいただき、ついでに乃し梅のシロップを試飲していただきました。
甘いものと酒?と疑問をお持ちだった様ですが、ここに「爽やかな酸味」が加わることで、「良いかもしれない?!」とおっしゃってただけに、当日お酒とともにお召し上がりいただけなかったのが残念!次回に期待しましょう(いつになるやら)

イベント開始後は、行列をしておられた方が、少量ずつの日本酒の試飲で喉が渇いた、と「や和らぎ水」をお求めいただく事が多く、そこで美味しさに気づいていただきましての「乃し梅のシロップ」のお求めにつながりました!

なお、黒い三連星はきっぱり二手に分かれる結果に!
美味しいvsまずい、ではなく「ガンダム好き」と「好奇心強い酒好き」で。
まったくもって公式商品でもないわけで、あくまで名だけを見て「これください」ってガンダム好きな同志の皆さまには、そっちのネタでお返ししておきました(笑)
好奇心強い酒好きの皆さまは、実際にすぐにお酒と合わせてくださいまして、中には「この会場のアテの中でダントツ!」と何度もお求めいただき、周りにも宣伝してくださる方も!

次回にでも書こうかと思っておりますアフターパーティー「あとのまつり」でも提供をしようとしていた三連星は、かくして11時から16時までと言う限られた時間のイベントの、早い時間に売り切れたのでした。

(怒涛の勢いと長い行列、爽やかな青空に恵まれたお昼編はここまで!次回は夜編に!)
ここでお知らせです!
5/30(水)より6/5(火)までの7日間、横浜高島屋さんでの「山形展」に佐藤屋が出店いたします~!横浜、年に一回かもな登場です。お近くの方はぜひ!
たまゆら、乃し梅のシロップなどもお持ちします!
なお、実演がございませんので私が乗り込むかは未定です~

にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ


デパ地下に「みつ屋」が登場!『和菓子のアン』×『本和菓衆』コラボ第二弾のご案内です。

和菓子のアンより「未開紅」山形 佐藤屋製

『和菓子のアン』『アンと青春』×『本和菓衆』第二弾!

2016年4月、日本橋三越の1階にて「全国銘菓展」の一企画として
そこに参加する若手「本和菓衆」が、『和菓子のアン』『アンと青春』の
中に登場する「みつ屋」の菓子を販売したコラボは、誰しもが予想以上と
いうほどの盛況となり、連日開店前からお待ちをいただくお客様も多く、
昼頃には生菓子のほとんどが売切れという、和菓子イベントとしては
私が経験すらしたことの無いものでした。

「またやって欲しい」とたくさんのお客様からご要望いただき、
「まだやり切ってない」と僕ら若手が思っていました。
そんな中、恒例となっております秋の「本和菓衆」でも、
「みつ屋」の菓子をやらないか、という事に!

10/12(水)~10/18(火)
open 10:30~ close 19:30
於 日本橋三越 地下1階「自由庵」
『本和菓衆』

今度はホントにデパ地下で「みつ屋」やります。生菓子は、
さらに本を読みこんだメンバーによる新作も。

佐藤屋の生菓子「紫陽花」和菓子のアンとのコラボにて

「本和菓衆」の秋の新作は「みのり」をテーマに、栗の菓子など
多めでお送りします。

さと
イートインは実演つき。「師匠の最中」「冬パフェ」などの
和菓子のアンとのコラボものから、煉り切りのリクエストや
栗菓子の実演なども!

個人的には、一作目の「和菓子のアン」の中で、最もやりたかった
菓子である「未開紅」に挑戦をさせていただけるのが一番!
蜂蜜の寒天を、梅酒餡で包み、まだ咲く前のつぼみに見立てて
作った煉り切りは、原作の再現度は完璧ではありませんが、
1ファンとして、職人冥利に尽きるものです!

1週間、皆様を白衣姿でお待ちしておりますので、ぜひとも
お近くの皆様はお運びくださいませ。
ファンの方のみならず、和菓子好きの方は当然お楽しみを
いただける感じにいたしますので!

にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ

佐藤屋より、続きましてのご案内です~!南陽でのコラボ展!

佐藤屋の菓子祭をアピる布施猫with嘯風佐藤屋夏の菓子祭では、沢山のお客様のご来店、ありがとうございました!

選挙期間中、去年はプレミアム商品券の期間だった、開催時期もずれた、告知も遅れた。
ネガティブ要素挙げたらキリが無い感じでの開催ですが、蓋を開けてみましたら、昨年同様に沢山のお客様に恵まれました事は本当にありがたかったです!

特に、「りぶれ」みたいな新しい菓子は勿論なのですが、最近は「乃し梅」「梅しぐれ」の圧倒的な売れ行きに、嬉しくなることしばしばでございます。
やはり銘菓と共に育ってきました佐藤屋です。これからも「完熟梅」の菓子はイチオシでいきたいので~

次のイベントは、もうすぐ!作家さんとコラボ@宮内

樽見浩・佐藤慎太郎のコラボ作品「縁」そして、もうすぐそこ、と言うかこれを書いてる今からするともう、明日!
そう明日からの三連休にやるってのに、まだ一作もできていないコラボ展が、
南陽市の宮内2632にて開催!樽見浩さんとの、念願のコラボなれど、器もまだ
拝見していないので、自分が見たことある樽見さんの器をイメージしながら、当日会場にて即興で菓子を器に合せていく予定です!

よって、土曜日の昼頃あたりにおいでをいただきますと、やたらと本気な顔をした八代目がごらんをいただけるかも?!

そして、期間中は限定数となりますが、ギャラリーに併設のカフェの調理場をお借りして、
本わらび餅の提供を、樽見さんの器を使って実施予定です。
時間は、八代目がやれる限りとなりますが、あくまで展示がメインにつき、お菓子だけ目当てで
なく、個展を楽しんだうえでのご注文をお待ちしております~。

駆け足な告知ばっかりになりますが、色々と面白くしていこうと思っています。
時間が足りないわけでなく、自分の思考と仕事のスピードが足りない。
半人前につき、ご勘弁を。
会場でお待ちしております!

にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ