山形初市、歴史も長いが盛り上がりもある!佐藤屋は当然張り切ってます!

初市盛り上げたい!
佐藤屋本町店での初市にのぞむ面々

昔から言われたもんです、お正月に金使う奴は馬鹿・・・
曰く、お正月で皆がお休みしなきゃいかん時に、お金を
使うだけで人の仕事をつくることになるし、何よりお正月さんが
嫌うって婆ちゃんが言っておりました。

あれから何年たったでしょうか?いまや元旦から営業の
お店も当たり前に見ることができるようになりまして、
婆ちゃんが言ったとおり、お正月にお仕事をしてもらう方が
増えた為に、お休みの人まで減って、日本中がお休みなんて
雰囲気の日は二度と訪れないんじゃないかって気がします(笑)

さて、そのお正月に金使うなって話には続きがありまして。。。
商売人のお正月は「初市」からって決ってんだ、とも!

山形ではもう、400年も昔から、正月10日の初市が恒例の
大きなお祭りとなっておりまして、市神さんをお参りして、
その上で、商いを始めるのが通例なのです~?!

勿論佐藤屋も、十日町に江戸期より店を構える訳ですので、
当然の事ながら、初市を商いのお正月としておりまして、
八代目も子どもの頃から、縁起物の初飴売りのお手伝いなど
してまいりました。

今では、お付き合いのございます百貨店さんのご都合で、
やはりお正月は2日から動いております佐藤屋も、まだまだ
初市にかける特別の思いというものがございまして。

特に八代目がもどりました数年前からは、特別価格の品を
ご用意いたしまして、大盤振る舞いにて景気付けをするのが
常となってございます。まあ、そのご利益の方はなかなか出ては
ございませんが。。。

今年も、毎年大人気のカステラのみみをはじめ、特価品を
揃えまして、雪舞う街をにぎやかしにまいりますよ~!
是非皆様もおいで下さいませ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です